戦友は筋肉マン

今、朝5時くらい。ふと彼のことを思い出して書いてる。

 

新卒で入社した時、他の新卒は男女含めて全員東京にいってしまって、同い年の筋肉マンだけがいた。大学卒業前に中退して、バイトで入っていたうちにそのまま入社した。

筋トレが好きだったり、株とかFXとかそういうのができる頭がキレる奴。

 

彼は筋トレトークをちょくちょくした。

毎朝の筋トレの話や最近やってる○○が△△に効いてヤバい!とか。

最近腹出てきたんじゃない?って言われることもあった。うるさい黙れよ!

あとちょくちょく腹筋チェックをさせられた。なんか悔しいけどバキバキだったし鉄板仕込んだような硬さだった。俺だって高校の頃は…!

時折おっぱい(胸筋)チェックもしてたっけ。

鍛えるとあんな風に自信満々になるのか。

 

彼は健康志向だったりこだわりが強い。

よく一緒にランチに行った。

その度に評価が下され、一定水準を下回ると行けなくなる。また、その日のコンディションによって、野菜多めにしようとか、ジャンクフード、ラーメンは無しだ、炭水化物摂りたくないとか制限が出てくる。飯が食えません。勘弁してください。

 

ランチの時は、趣味の話や案件の話、恋愛事情、色んな話をした。

どんなに辛い案件が走っていても、あの場は憩いだったな。いい息抜きになったし、詰まっている時はアドバイスを出し合えたから。

 

ある日、彼の扱いをどうしたらいいか分からなくなってきていると上司に相談された。

彼はプロデューサーにポジションを変えたけれど、未経験だったからガッツリアサインされることもなくて、微妙なポジションにいた。仕事させてもらえないしどうしたらいいか分からないと相談を受けることもあった。

 

僕は思い切って、彼をプロマネに置いてくれないかと打診した。彼、結構キッチリするタイプだし、性格的にもあってると思ったんだよね。

 

数日後、彼はプロマネになった。全体を見て、誰が何をやっているか分からない、でも確実に忙し過ぎる人と、そうでない人が居ておかしいという話になって、タスクを見える化する為に動いた。

みるみるうちに見える化され、バイトのアサインの仕方やタスクの振り分け方なんかがどんどん改善された。

なんか誇らしかった。一枚噛んだくらいだったけど。

とりあえず彼をそこに置いたん俺やからな!と声を大にして、でも気持ち小声で言いたい。

 

 

ある日、僕が会社に辞めると言った翌日、彼は飲みに行こうと誘った。

たしかクラフトビールが飲めるちょっとオシャレなお店。

 

飲みながら退職を全力で止められた。ずるい。

 

過去に何度か辞めようかなぁと思った時、その度に相談していた。その時は背中を押してくれていたのにだ。ずるい。

 

彼の言葉は真っ直ぐで、第三者視点なんだけど、時折彼の気持ちが載っていた。全部刺さった。HPはみるみる削られる。優しさに思わず泣いた。堪えられなかった。

 

結局、辞める事にして退職届けを出したんだけど、彼は最後まで「はー お前辞めるから全部俺に(タスクが)くるやん」と言いつつ、なんだかんだ背中を押して手を振ってくれた。

 

めちゃくちゃいいやつ。

彼は今までで最高の戦友。

 

きっと今日もそろそろ起きて筋トレして仕事行くんだろうな。

方向を変えることにした

先日、新卒入社から1年半働いたFICC Kyotoを退職した。

FICC Kyotoには、学生時代にサイトを訪れて、他とは違うものを感じて情報欲しさにTwitterをフォローしたんだけど、中の人から即DM飛んできて「遊びに来ない?」と誘われたのがキッカケ。 働いている中で職種は変えれるよと言われたのでデザイナー枠(フロントの募集が無かった)で面接を受けた。面接の中で興味を見破られて(見破ってもらえて)マークアップエンジニアとして採用された。

業務では、既存サイトの運用やLPやキャンペーンサイトの作成、WordPressconcrete5を使ったサイトのリニューアル案件に関わり、徐々にHTML/CSSでのコーディングの知識が付いたり、必要にかられたり、素直にやってるとハゲる事を理由にJavaScript(主にjQuery)やPHPの書き方を覚えて、”なんとなく”書けるようになった。

なんで辞めたのか

色々あるんだけど、このままマークアップエンジニアを続けたとして、未来の自分が満足して笑っていられるか不安だったのが大きい。

すごい先輩が居た。実装する速度はめちゃくちゃ早いし、ユーザーのことをほんとに考えて気持ちいい操作感を作るし、PHPWordPressをゴリゴリにカスタマイズしたり、システムを組んだりもできた。いつか越えてみせるって思ってた。(途中で諦めちゃって、あの人が100%に近いパフォーマンスで走るにはどうするかって思考で動いてたけど。)

あの人の横で働くことで、きっと数年後にはあの人みたいなスキルセットを身に着けられるんだと思う。
でもいつしか、その時の僕は、きっと100%の笑顔にはなれないんじゃないかなっていう気持ちが膨らんだんだ。 Twitterでフォローしてる人やイベントで喋る人が楽しそうにシステムの話をしていて、それに惹かれるようになって、興味が変わったんだと思う。

よかったこ

冒頭で書いたけど、技術的な成長やそのための経験ができたのは良かった。

また、テクニカルな説明なんかをキッカケに直接クライアントとやり取りする機会がもらえたり、外部パートナーのエンジニアさんとやり取りさせてもらえるようになった。 多分こういうことって新卒1年目、2年目でさせてもらえるような所って殆ど無いし、これができたのはめちゃくちゃいい経験だった。

あと、直接マーケティングのレイヤーに関わることは無かったけど、飛び交ってるワードを拾って検索したり、月1くらいで講座みたいな物があってそれを聞いたり、そっちのポジションについた同期に話を聞いたりして、自然とそれっぽい知識や考え方がついたのは面白かった。

改善活動は大学時代からやっていたけど、CMSの選定やタスク管理、情報共有の仕方なんかで実際に改善活動することができた。きっと今でも機能してると思う。

次はどうするのか

次はcoroutineという会社で、サーバーサイドをメインにシステム開発に携わる予定。

正直ごろごろっと決めた部分はあるんだけど、エンジニアとしての知識をより広げられそうだなって思ったのと、リモートワークになるから、より自分のコントロールが必要になって、その辺を鍛えられるのは良いなって思う。

会社にコミットも大事なんだけど、その為にも自分に投資してくれっていうスタンスで、色々自由がきくみたいなのでそこは魅力的。

今後も、上手くいい道を進んでいきたい。

半年を振り返る

巻き込まれでスタートした半年

いくつか登壇を果たし変なコミュニティでCSSの話したり、Bench京都のモデレーターとなり、Campで実行委員やったり登壇したり、コミュニティ活動が活発になった

また、バックエンドの知識をつけたいなと思って、オススメもあってPythonを触り始めた。 Flaskでルーティングの勉強したり、Django触りかけたくらい。 ひたすらAPI叩く人になってる。 でも後述するCodeigneiterの事もあって、少しずつMVCモデルでの組み方が分かってきた ちゃんと分かりきってないけど、サービスレイヤー欲しい

仕事面では年末からごたごたが続いてひたすら忙しかった。 なんとかならんものかと同期と効率化やタスク見える化などの改善活動を始めた(若干、ぶら下がってるだけ説はある また、コーディング面では、PHPを少しだけちゃんと使うようになって、ちょっとした効率化が出来るようになってきた

また、とある案件でPHPでシステムを作ることになり、Codeigneiterでモックを作ったりした TwitterとかKintoneとかぐるなびとか、ひたすらAPI叩いてデータ加工して表示するアプリ作ってる気がする(笑

なんとなくコーダーからエンジニアに移り始めたような気がしてる

最近やってる情報共有とかタスク管理の話

会社でのタスク管理はTrelloで、連絡や相談なんかはSkypeか席まで行って相談って感じのスタイル。

現状どんな感じか

Trelloは主に案件に関する情報を集約する場所として使ってる。

案件の発生時に、

  • 案件の概要
  • スケジュール
  • 分かれば目的
  • 備考

なんかを書き出している。
あと、修正が発生したときに修正点をチェックリストにまとめて、やった/やってないを分かりやすくしてる。

全体のタスクと内容をまとめることで、とりあえず迷ったらTrello見に行けば分かる環境を作ってるわけです。
実際ちょくちょく確認することで、あれってどうなってますかから案件が燃えるのを防いだこともしばしば。

気になってることと一部改善してること

1.使わない人多すぎ問題

案件によってTrelloを使ってたり使ってなかったりするのがちょっと気になる。そもそも使ってない人の方が多くて多分8割。

自分が関わらない案件は正直どっちでもいいやって感じがするんだけど、たまにそれでトラブってるのを見かけるとあーあって気分になる。
部署内でちゃんと使ってる人が1人だけ居て、その人も多分同じ境遇を経験したんだろうなって感じ。 その人とはちょくちょくタスク管理の話をしてる。この人とタスク管理関連でミスったことは一度もない。
ここに関しては今後もこんな感じで続けていきたいな。

ただ、問題は同じチームであんまり使ってくれない人。(今は説得の末徐々に使ってくれるようになってる)
デザイナー件ディレクターみたいなことをしてる人なんだけど、忙しいのと情報共有があんまり得意じゃないのか、自分の中で消化して走って、自分のフェーズが終わったところで投げてくる。
するとポロポロ必要なものが抜けてて作業進められなくて実装のスケジュールがまずくなるという最悪な状態が度々あった。
その辺確認しない僕も悪いので強くは言えないんだけど。

つらい状況が何度か続いたので、説得しつつとりあえず自分で動いて積極的にカードを作っている。
結果向こうも少しずつノッてきてるのか、案件として進展があった時にたまに情報書き込んでくれたり、漏れてる情報を追加してくれるようになってきた。 あと、そういった追加の時に追加したのでーっていうお知らせをくれるようになったのは嬉しい。もしSlackで連携してたらそこも自動なんだけどこういうやってくれる嬉しさはそこまで感じないのかも。

2.カードの追加がマニュアル

クライアントからの情報なんかはメールで来るんだけど、それをTrelloに書き込むってことをやってる。
するとヒューマンエラーで書き損ねてたり、情報が漏れてたり、書いてはいるけど曲解してるなんて事が起こりかねない。
なので、できればこの辺を自動化できたら嬉しい。
ただ、依頼メールって別にフォーマットが有るわけじゃないからどんなワードでプログラムを引っ掛けるかって難しいし。仮に出来たとしても型にハマらない形式でメールが来た場合に自動で追加できないから過信もできない。


人によってやり方はそれぞれだろうし強くは推さないけど、それによって確認漏れて爆発とかそろそろやめよう?

バイトくんが退職した

日付的には昨日になるんだけど、うちの会社のバイト君が退職した。 今まで2年半くらい居てたらしい。実質先輩。

彼を初めて見つけたのはいつだったのかよく覚えていない。 一時僕が今の会社を知るかどうかの頃にTwitterで発見してフォローした気がする。

気が付くと視界に居て、気が付くと目の前に居て。気が付いたら目の前から居なくなった。

彼とは入社前のバイトの頃から交流が始まって、業務中とか昼休みとか、Twitterとか色んなタイミングで色々喋った。 技術系の話はもちろん。マクドのポテトがどうとかって話まで色々と。 最近になってようやく思い出したように共通の話題だったガンダムの話を出したりもした。遅かったなー。

彼からはいろんなことを聞けたし、なんかもう得ることばっかりだった気がする。 何か返すことはできてたんかな…

来月から東京らしくて、すぐに行っちゃうわけじゃないんだけど、もうしばらく会えないんだろうなって思うとすっごく寂しくなってる。 Twitter開けば大体居るんだけど(笑)

連絡手段もあるし、最後に 俺「またTwitterでメンション投げたり、Githubでissue投げつけあおう」 バ「マサカリとかPRはいいですか?」 俺「マサカリは怖いからやめてくれ」 とかっていういかにもエンジニアっぽい別れだったんだけど、やっぱ実際に居て話すのとネットを介して喋るのとでは違う。次はいつ喋れるんやろな。

今度あった時はビール飲ませなきゃ

これからのデベロッパーとしての追っかけ先

僕には師が2人いる。
今の会社の先輩と、大学時代に教えてもらっていた元先生。
ちなみにどっちも勝手にそう思ってる。

今の会社の上司

僕がやっているフロントのかなり先を走る人であり、Railsなんかも触れるエンジニア。
もともとflasherな事もあり、アニメーションなら任せろな人。よくなんだそれは…(驚愕 ってなるようなアニメーションを組む人。未だスキルセットの方向が見えない。
表現とか演出という点では今まで見てきた人の中でダントツだし、人を魅了させる力はすごい。
バリバリ教えるというよりかはいつもカッコいい背中を見せて仕事をしている感じの人。

僕にとってのクワイ=ガン・ジン的な(ep.1で刺されるとこは抜きで)

大学時代お世話になっていた先生

今は大学の非常勤講師をやめてエンジニアとして働いている。
サーバーサイドエンジニアでありつつ、インフラもやるしフロントも分かるっていう幅広い知識を有する人。
その技術に対する探究心は凄く尊敬するし、それぞれが浅いわけじゃなくてある程度の深さを持っているのも凄い。

色んな方向で常に前を走り、たまに情報を投げつけてきたり、呼べば駆け寄ってきて道を照らしてくれるような人。

なんというかこう僕にとってマスター・ヨーダみたいな感じ。

追いかける先は

どちらも凄い人でそれぞれ別の方向で尊敬してる。

でも、近くに居た時間が長いからか、どちらかというと後者の先生の方に好感と尊敬を感じてる。
やっぱりこうエンジニア!って感じで、薄っすら感じてる走りたい方向に居たり、色んな面で助けてもらっているからかもしれない。

やっぱり、色んな方向を知っていてその中で強いものを持つという考えには賛同するから、その方向でいきたい。
フロントの技術が強くて、サーバーサイドとインフラにも少し理解があるみたいな人。

そして、一緒に仕事したいと思われる人になろう