初めてIllustratorで発表用のスライドを作成した話

先日卒業研究の発表が有ったため、少し前からスライドの制作を行っていた。

スライドの作成の環境的な条件

  • 研究室のマシンがUbuntu(LibreOffice がインストール済み)
  • 発表用のマシンがWindows??(PowerPoint2013)
  • 自分のマシンはMac

  • ネットは使えない環境。

  • 提出するファイルの形式は.ppt(または.pptx)。とりあえず、スライドとして再生できるならOK。pdfはダメ(乂´∀`)

だいたいこんな感じ。

スライドの制作

過去にMacのWordで制作したファイルをWindowsに送った際に盛大に崩れた経験が有ったため、きっと崩れるだろうということは予感していた。 また、PDFでの発表は受け付けてもらえないようなので、崩れない形式を考え、イラレで制作した画像を書き出して、1枚1枚貼っていく事を考えていた。

しかしながら、発表時間がまずまずの長さがあり、スライドの枚数も多いため大量の画像を1枚1枚貼っていくようなお刺身たんぽぽな作業はしたくないと考えていた。

そこで調べてみると、どうやら方法があるらしい。

Illustratorでpptx形式のファイルを作る手順

以下の手順で少し時間は掛かるが楽にaiファイルからpdfの制作までの作業を行うことが出来た。

  1. イラレのアートボードを利用し、1枚ずつ作っていく
  2. イラレから画像として書き出す。
  3. Acrobat DC(Readerではない)を使って画像をまとめてpdfにする。
  4. Acrobat DCで制作したpdfを開いて[ファイル] → [指定した形式で書き出し] → [Microsoft Power Pointの形式]

この時、画像ファイルの画質を上げまくってサイズを大きくするとちょっと崩れた。画像サイズには少し注意が必要かもしれない。

出来上がったpptxのファイルでは、 ちなみに、サイズの設定を間違えていたのかちょっとズレた。pptxファイルの出力後、少し調整が必要かもしれない。

まとめ

Illustratorで制作したaiファイルからスライドに1枚1枚画像を貼ることなくpptx形式でファイルを作ることが出来た。

参考: Illustratorを使ってプレゼンスライドを作成するときのメモ - DTP Transit

バイトでつまずいてる話

ありがたい事に先日から内定先でアルバイトをさせてもらっている。 主にHTML/CSSでのマークアップやJS(jQuery)を使った実装方法を調べたりとか。

バイト前は、何させてもらえるんだろうとかどんなところで役に立てるだろうとかってウキウキだった。 実際タスクがふられてこなそうとするも、あれだけ書けたHTML/CSSが上手く書けない…。

これまでやらなかったようなデザインがきて実装方法が分からないのとか、去年卒研の関係でJSばかり触っていて忘れているのも有るのかもしれない…。完全にスキル不足。

あと、これまで1人で作業してたから実装出来ればOKってノリでオレオレ制作でいけたけど、チーム開発で他人もコードを見る事を考えると自分のコードに自信が持てなくてなかなか書けない。

これからWordPressつかった案件なんかもくるんじゃないかなって思う反面、力不足が怖くて足引っ張るんじゃないかっていう不安でしかない。

結局のところ書かないとなんともならないから、先輩のコード見て写経するか…。

とりあえず、1ヶ月後の自分が見ても理解できて、再利用性があるコードを書いていきたい。 迷惑かけるけど今は甘えてガンガンレビューしてもらおう。 さっさと力つけて案件こなしたい。

2015年をサクッと振り返る

今年は就活と卒論で慌ただしくてあっという間だった気がする。

就活

今年は就活の年だった。 年明けの1〜3月はポートフォリオサイト作ったり履歴書の内容を考えたりと慌ただしかった。
4月からは説明会行ったり実際面接受けたけど、なかなか願った結果が得られなかった。

途中良い出会いが有って、そこから10月に無事内定を頂くことが出来た。 やりたかった事が出来るし、社内の雰囲気も凄く好きなので春から頑張っていきたい。
なるべく早く慣れないとー!

勉強

今年は卒業研究の年でもあったので、プログラミングの勉強も再開した。
これまではデザインやコーディング(HTML/CSS)が中心だったが、JavaScript / Node.jsの勉強を行った。

JavaScriptはこれまでjQueryプラグインを使って実装する事が多く、0からコードを書くことは滅多に無かった。
そこで、JSの勉強ついでにjQueryにも触れた。

卒研のおかげで結構一気に色々勉強出来るしよかった。

来年

来年はもっとJavaScript力を上げる年にしたい。

今はJavaScriptを書いていく上で、CoffeeScriptを使っている。 しかし、ES6が出たことによってあんまり旨味が無いとかって聞いてるからES6に切り替えてバベってみたい。

また、今年はNode.jsにちょっと触れてたんだけど、一旦置いといてVue.jsとかReact.jsに触れて使えるようにしたいな。Vue.jsが先かな。 Electronもちょっと気になるけど保留。

過去の動けなかった自分に

最近後輩とか見ながら過去の自分を思い出したから思った事書いてみる。


僕はもともとあんまり積極的なタイプじゃなかった。(誰だ今もだろって言った奴は!)

何が要因なのかキッカケなのかは全く分からない。
気付いたら(まだまだだけど)積極的に動ける人間になってきた気がする。
やりたいことを見つけて、達成する喜びを追い続けたのか。 的確なタイミングで良いアドバイスやツール、情報を紹介して引っ張ってくれる大先輩のおかげなのか。

それまでの自分は先輩からのインターンやバイトの勧めとかペアプロの誘いなんかも全部怯えたり足引っ張って失敗するのが怖くて断っていた。
「自分なんて…」「まだまだ初心者だから…」って。

多分動けない・動かない人ってこういう感じじゃないかな。

そんな時よくこんな事言われてた。

「それいつになったら初心者じゃなくなんの?w」

ほんとそれ。

最近スティール・ボール・ランをちょっとだけ読んで、( ゚д゚)ハッ!ってなったセリフが有ったから載せてみる。

失敗というのは…………いいか よく聞けッ!
真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!
困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事をいうのだッ!
スティール・ボール・ラン 第1巻

何もやんないで何怖がってんだ。
とりあえずやるんだ。成功とか失敗とか話はそれからだ。(過去の自分へ)

asmodeus-db.hatenablog.com

アクション起こせばなにか返ってくる

実際に何かをやってみる。 すると、それを見ていた人やそれによる恩恵を受けた人あたりからきっと何か返ってくる。フィードバックってやつ。

例えばそれは賞賛の言葉で、「やるじゃん!」とか単純に「いいね!」だったりするんだけど、これが普通に嬉しい。 次も頑張ろうってなる。

逆にマサカリが飛んで来ることも有る。 うちの研究室だとちょくちょく後輩の日報読んでマサカリを投げてく(れ)る人が居る。めっちゃありがたい。

一部の1回生から怖がられてるんだけど、怖がること投げられて刺さって欲しい。 これ受け止めれるようになると間違いなく成長できる。

参考になるから、陰ながらファンな東京のディレクターさんのスライドを置いておく。

www.slideshare.net

あと、これも参考になる。 qiita.com

このQiitaの記事で言われてるんだけど、

はっきり言います。 紳士淑女な方が投げられるマサカリ というのは、
一種の愛 です。決してあなたの頭をカチ割るための凶器ではありません。

ホントコレだと思ってる。 殺しにかかってるわけじゃなくて、あなたの事を思っての言葉だから、受け取って振り返って「ありがとうございます」って返すのが良いと思う。

怖いのは何も返ってこないこと

折角何かやったのに何も返ってこない。 それってもしかしてアピールが下手なのかも?

もっと露骨にアピールしてみよう。ツッコミどころが見えるくらいに。

返ってくるように、アピールするの大事かなー

振り返りも大事

大事なのはそのあと。
何かしらフィードバックがあって、褒められて、投げられて。

今回は何が上手くいったのか。その中でも上手くいかなかったとこない?もっと改善出来たとこは? 逆になんでそうなったの?

やらない人多いし、自分自身まだ上手く出来てないけど、コレやらないと意味が無い。

分かんなかったら周りも巻き込んでみて意見聞いてみる。

まとめ

まずは動いて、アウトプットしっかりしていこう。
そしてマサカリに耐えろ。

なんかよく分からん記事になった。ヽ(=´▽`=)ノ

情報共有難しい

最近周りで「情報共有が〜」って話がチラホラ聞こえてるので改めて。

情報共有ってやっぱりやった方が良くて、それによって課題が解決できたりとか、全く知らなかった情報が手に入ったりして嬉しいことが多い。

これまで、

  • プロジェクトにサイボウズLiveっていうグループウェア導入して情報共有できる環境作ったり
  • それで解決したから他のプロジェクトも使おうぜって発表の場を借りて喋ったり
  • 研究室内でもっと共有できたら良いなと思ってSlack導入

してみたり色々やってみた。 結局の所、最初だけ盛り上がったり、むしろ自分しか喋ってなくて他の人が沈黙なんて状態ざらにある。

この間読んだNaoya Itoさんのスライドでもそんな話があった。

speakerdeck.com

そこまで情報を求めてなかったり、何出したらええか分からんのが原因なんかねぇ‥。

とりあえず自分1人でもガンガン喋って、反応した人に対してしっかりもてなして引き込んでいくとか喋りやすい雰囲気作るのが重要なんだろうなーと思った。それするのがなかなか難しいけど…。

もうちょい楽しく良い情報が飛び交う環境に変えたいなー


そういやプロジェクトのリーダー集めて抱えてる問題相談会みたいなのやる話どうしよう

研究室でgitの勉強会をした

所属している(4回生だから引退したけどまだ一応籍はあるらしい)プロジェクトや研究生メンバーの卒研のソース管理(ちょっと遅いけど)なんかで、git使った方がもっと楽だろうになって事がちょくちょくあったから、最近LTに燃えてきてる(俺の中では)えんじにゃーな後輩と協力してgitの勉強会をやってみた。

個人的にはgitはGUIで操作しているため、GUIツールを使いたかったけど、参加者が自分のマシン(Macが多)を使うだけでなく、研究室のマシン(Ubuntu)を使うことも考え、ターミナルでやることに。

内容

前半にローカルでのgitの使い方

前半にgitの概念的な話やローカルでの環境の作り方やコミットなどなどについて紹介しました。

環境構築の部分では、MacでHomebrewを使ったgitのインストールを行った。 これは事前に参加しそうな人の環境を聞いているとHomebrewが入っていたので。Homebrewで管理するといい感じに管理してくれるしコレ使っといた方が良いよね。

Homebrew入ってないよって人は、以下を参考に。今後のバージョンの管理を行うのにも便利なのでぜひぜひ。
MacにHomebrewをインストールする - Qiita

後半はリモートリポジトリの話

後半は後輩が、リモートリポジトリの話をしました。
ローカルで管理してて吹き飛ぶと怖いから一応ね。

やってみて

コマンドに対する理解がしっかりと出来ていなかったり、既に修正は行ったけど資料の抜けがちょくちょく合ったからその辺は良くなかったなーと思う。
なかでも、間違ったコマンド(オプション)を教えてしまい、後で指摘を頂いて間違いが発覚したのは良くなかった。 何かしらの形で訂正しようと思う。

今回自分の担当したローカル部分での説明はハンズオン形式で行ってみた。
以前参加したgitの勉強会で説明だけじゃなくて実際に触ることで理解が進んだ気がしたから。
説明が悪かったのか、実感が沸かなかったのか、後々の感想を覗いたけど好印象な雰囲気ではなかった。

なかなか難しいなぁ。